本物の自然素材住宅とは.... 無垢材を使って「自然素材住宅」と謳っている住宅が増えていますが、その住宅、本当に自然素材住宅でしょうか?

なぜ、自然素材の家造りをするの?

 最近、シックハウス症候群と思われる方からの問い合わせがあります。新築の家に移ってからアレルギー性鼻炎になったとか、じんましんが出るとか。咽喉が痛いなど・・・   

 明らかに、新築住宅または、新しいアパート等に、住むようになってからの症状を訴えられます。
 内容を聞いてみると、床は新建材にワックスがけ、壁・天井は全面 ビニールクロス貼り、室内には芳香剤。中には新建材の床に床暖房、これでは揮発性有機化合物質を室内で生産しているようなものです。
 室内空気が悪いので換気扇をつけなければならない、しかしそうする事によって室内の湿度も室外へ排出してしまうので、室内は乾燥し、咽喉が痛くなったり、インフルエンザ菌が蔓延してしまう。
そこでまた加湿器で湿度を調整しようとするが、加湿器も注意しないと菌を撒き散らすことになるかもしれない・・・などなど、きりがありません!

 無垢材を使用し「自然素材住宅」と謳っている住宅も、実は本当の自然素材住宅ではありません
なぜならば、有害な消毒液を使っている輸入材を使用していたり、無垢材は使用しているもののボンドが有害だったりするからです。珪藻土なども、珪藻土自体は健康に良いのですが、ボンドを混ぜて使用しているため有害です。また、あまり目立たない押入れなどは手を抜いてしまうこともあるようです。

 弊社でご提供する本物の自然素材住宅は、ボンドや糊など目に見えないところまで自然素材にこだわった、子どもや家族の健康を第一に考えた住宅です。

 お子さんやご家族の健康を考えているのであれば、是非「本物の自然素材住宅」の秘密を聞いてみて下さい。リフォーム対応も可能です。

本物の自然住宅についてのお問い合わせ―お問い合わせ頂いた方には、小冊子「自然素材の家を建てる前に知っておくべき10のポイント」をご送付させて頂きます。